スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2014.09.09 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    西区、安佐南区で6日夜に3件相次いだ不審火

    0
      最近、西区安佐南区不審火が相次いで3件続いています。
      三滝方面、長束方面ではごみステーションなどに置かれていた
      ゴミが燃えた。

      また、以前では庚午己斐でも不審火が続いた。

      放火を防ぐ対策としては、
      ゴミを夜置きにいかない。
      木造の家にお住みの方は、
      センサーで警報する警報器を
      置くか、雨戸をしっかりと施錠
      しておいた方が、犯罪を防げる要点となるかも
      しれません。
      (baruko)

       

      新年度に向けてのご挨拶

      0
        新年度に向けてのご挨拶。

        一年半SP隊は横川駅周辺での交通整理をやってまいりました。

        その間、小学生などのお子様が安全に交通できるよう働きました。

        近隣のみなさんにも支援していただき感謝いたします。


        SP隊のこれからは、活動地域を拡大する見込みで、犯罪防止

        きっかけ作りになればと思っています。


        そして… われわれSP隊のメンバーを今募集しています。

        犯罪防止に関心のある方、小学生がいらっしゃるご家庭で

        安全に交通してもらいたいと願われるご家族の方。

        空いている時間で構いません。共に犯罪ゼロ交通事故ゼロを目指して

        奮闘しましょう!

        新年度から活動エリア拡大!

        0
          SP隊が結成して1年半多くの方のご協力で活動を行ってきました。

          みなさんからの好評により、

          横川駅周辺からもう少しエリアを拡げいこう。

          われわれは士気を高めています。

          ここから犯罪交通事故ゼロを防ぐ運動が

          各地でも行われますように。



          (baruko)
           

          通り魔、痴漢に注意!!

          0
            柏市3月3日(月)深夜、20代くらいの男性が男にいきなり刃物で数か所を刺され、まもなく死亡しました。
            また、他の男性にも危害を加えたという。

            深夜は人通りが少なく、人通りの無い道だと発見者が少ないのでなかなか捕まりにくい。
            最近はだんだん防犯カメラが設置されるようになりました。
            だからといって、安心してはいけません。

            やはり通り魔や痴漢に会わない為にも、
            なにか私たちの方で何か防衛しなくてはなりません。

            例えば、財布以外の他にお金を入れる小物入れ

            貴重品、クレジットカードや多くのお金)を用意する。
            男性でも携帯警報ブザーを持ち歩いたり、
            女性は痴漢に会わない為にも、深夜はなるべく道楽街人気のいない道には近寄らない。
            なるべく、ズボンを履くように、痴漢をその気にさせないためにも、露出をさける
            帽子を準備して、髪を隠し、女性であることが判断しづらくさせる
            そして…我を忘れて「助けて!」と声をかける勇気を持つこと。

            自分自身で守ることによって犯罪につながることを無くしていきましょう!


             

            自転車ルール厳格に守って!

            0
              自転車ルールを厳格に、改正道交法12月1日に施行

              2013年12月1日
              「左側通行」になった。
              基本は車道と歩道が区切られた道路では、車道左側で走るのが原則。

              それでは「左側通行」とはどういうことか、

              ・歩道に「自転車通行可」
              ・70歳以上、13歳未満の運転
              ・工事中、駐車車両、交通量の多さで走り難い

              は道路の左右どちらも走行できる

              ただし、白線2本で区切ってある道路場合で、「歩行者用路側帯」。
              そこでは、左側通行や歩行者用通路はいずれも、違反(
              歩行者用路側帯」内を走行)すれば
              懲役3ヶ月以下または5万円以下の罰金が科せられる。

              広島県警によると、「自転車同士や自転車と歩行者の接触、
              自転車の車道のはみ出しによる事故を防止につなげたい」


              特に新しく出された改正法なので、
              歩行者も自転車を乗る方も、
              私たちがよく通る道は安全なのか気をつける必要がある。

              弁護士保険でまとまるものもまとまらず…

              0
                弁護士保険でまとまるものもまとまらず…

                ■交通事故のせいで人生が狂った老夫婦 こんな人生に誰がした!!

                 市内で追突された交通事故の被害者となった夫婦が相手方の自賠の保険会社を相手に保険金の請求をしましたが、これが保険金支払いでは不評のA社でした。

                 やはり治癒しないと保険金の仮払いもできないとの一点張りです。

                 たかが追突事故なので重傷にならないからと油断していると体の障害部位が脊椎でした。日増しに悪くなり、追突事故から3ヶ月もすると、本人は杖をついて歩くのも自助できないありさまで、追突事故の恐ろしさを目の当たりにしました。

                 本人は「私が何か悪いことをしたのでしょうか

                 事故でこんな身体になって私は死にたい、お父さんのもとに行きたい」と涙を流していました。

                 許せないのは事故を起こした当人と保険会社及び担当者です。

                 この病状の悪化を見に来るわけでなく、ただ治癒するまでは支払えないとの一点張り。いつ治癒できる状態と言えるのかかえって悪くなり入院しなければならない状態になっているのに残された家族は最愛の妻の介助に身も心も疲れ、経済的にも保証のない状態に陥っています。事故の為に夫婦とも職場を失って経済的に苦しんでいます。

                なのに担当者は知っても知らぬふり。

                 本人や本人の会社や保険会社あてに保険金の支払い命令を出しても本人は知らんぷり。

                 会社や保険会社はこれはややこしくなると判断してか保険会社の弁護士にあわてて事故の委任をする有様です。

                 あげくは「弁護士に任せましたので私どもは関係ありません」いけしゃあしゃあと会社や保険会社の担当者は口をぬぐうばかり。

                 あきれた最低の人間どもです。

                 被害者は不慮の事故の為に毎日病院通いをし、なお病状は悪化する一方です。事故の責任を加害者本人も会社も保険会社とその担当者も取ろうとしない。あげくのはては弁護士にまかせましたのでなんてこんなことが通るなんて許せない。

                 弁護士も弁護士です。

                 おそらく今は入院をして容体は悪くなる一方で、本人は毎日涙していると思うとやりきれません。

                 こんなことが今現実にこの広島の地で起こっています。

                 あなたや家族にもしこのようなことが起きたら、どう対処しますか?
                http://uttaeteyaru.jugem.jp/に掲載した内容の紹介です

                | 1/1PAGES |

                PR

                calendar

                S M T W T F S
                 123456
                78910111213
                14151617181920
                21222324252627
                28293031   
                << January 2018 >>

                ブログ村

                にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
                にほんブログ村


                広島ブログ



                /

                ブログ・サイトリスト

                profile

                search this site.

                mobile

                qrcode

                powered

                無料ブログ作成サービス JUGEM